【江ノ島自転車旅行】目次+プロローグ



【目次】
その1(往路編 池袋⇒江ノ島)
その2(TARI TARI スタンプラリー編)
その3(復路編 江ノ島⇒池袋)


【概要】
実施日:2012年8月16日(木)
走行距離:約127.9km
 往路は国道1号線・鎌倉街道(神奈川県道21号線)経由
 復路は467号線・国道246号線経由
訪問した郵便局:横浜桂 横浜桂町南 鎌倉小坂 鎌倉雪ノ下 鎌倉由比ヶ浜 鎌倉長谷
 鎌倉稲村ガ崎 腰越 江ノ島 片瀬 藤沢本町 大和桜ヶ丘 (計12局)
 
          ◆

「そうだ、江ノ島行こう。」

 夏に旅行をする気はなかった。
 もともと人ごみは苦手だし、何よりこのクソ暑い中、わざわざ混雑した場所に出かける気にはなれない。だから自転車旅行に出かけるにしても、もう少し過ごしやすい季節になってから、三浦半島一周ないしは伊豆半島一周にでも挑戦しようかと思っていたところだった。
 だがある日、この夏放映のアニメ「TARI TARI」の公式サイトを何となしに見ていたところ、ある文字のところで目が止まった。止まってしまったのだった。

 「江ノ島」×「TARI TARI」スタンプラリー開催!!

 「TARI TARI」とは、ある高校の合唱部に関係する三人の少女の活動を軸として展開される青春物語で、舞台は江ノ島とされている。制作はP.A.WORKS(ピーエーワークス)で、かつて「true tears」の制作も手がけた富山県南砺市城端の会社である。
 正直に白状すれば、私はこのアニメを視聴していたわけではなかった。が、某サイトで「姉アニメ」として紹介されていたので名前は知っていたし、絵柄も好みだった。それに加え、YouTubeで耳にした主題歌や挿入歌も気に入ってしまっていたところだった。
 そこに来て、「スタンプラリー開催中」の告知。
 公式サイトによると、スタンプラリーの開催は8月3日(金)から。終了時期は明記されていなかったが、常識的に考えれば、この夏限定のイベントだろう(注―その後、公式サイトにて8月17日付で、スタンプラリーの開催は8月31日までである旨の告知がなされた)。そしてスタンプラリーの景品として、江ノ島島内に設置された7つのスタンプ全てを集めるとオリジナルクリアファイルが貰えるとのこと。

 気が付いたときには、私は完全に行く気になっていた。

 池袋から江ノ島までは、片道約65km。往復すれば130kmにもなる。炎天下、そんな長距離を自転車で走ることに対して不安がないわけではなかったが、それよりもスタンプラリーに参加したい、クリアファイルが欲しいという気持ちの方が勝ってしまっていた。

 きっかけは、思いがけないことだったけれど。
 今年の夏は、江ノ島に行こう。

--------------------

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
スポンサーサイト



【江ノ島自転車旅行】その3 復路編(江ノ島⇒池袋)

その3 復路編(江ノ島⇒池袋)

 スタンプラリーを終えてしまえば、後はもう帰るだけである。しかし、来た道をただ引き返すだけというのも面白くない。そこで復路は、国道467号線で大和市まで北上して国道246号線(大山街道)に合流し、246号線で渋谷に向かうルートをとることにした。小田急江ノ島線~東急田園都市線とほぼ並行するルートである。

         ◆

14:14 江ノ島駅前


14:16 国道467号線に入る


 江ノ島駅から先は、国道467号線をひたすら北上する。住宅地の中を走るごく普通の幹線道路で、情緒には乏しい。おまけに車で渋滞している。

続きを読む »

【江ノ島自転車旅行】その2 TARI TARI スタンプラリー編

その2 TARI TARI スタンプラリー編

※本ページでは、公式には公表されていない「スタンプの設置場所」に関する情報が含まれていますので、ご注意ください。

          ◆

① 藤沢市観光センター

「つり球」(こちらも江ノ島を舞台にしたアニメらしい)の幟が所狭しと掲げられている。

 まずはスタンプラリーの台紙を貰うべく、藤沢市観光センター(観光案内所)を訪れる。窓口でスタンプラリーの台紙が欲しい旨を告げ、台紙と「江ノ島イラストマップ」を頂く。そして早速、センター内に設置されている「1番」のスタンプを押す。


台紙と「江ノ島イラストマップ」


イラストマップ

続きを読む »

【江ノ島自転車旅行】その1 往路編(池袋⇒江ノ島)

その1 往路編(池袋⇒江ノ島)

 朝早く出発して暑くなる前に少しでも距離を稼いでしまいたかったので、今日は4時半に起床する。日の出の早い夏とはいえ、この時間では、まだ辺りは薄暗い。そう言えば上り「ムーンライトながら」はこんな時間に東京駅に着いていたなと思いながら、朝食をがっつり摂って英気を養う。どんなに忙しくても、朝食を摂るのは欠かさない主義。

          ◆

06:10 椎名町(出発)
 辺りは十分明るくなってきたが、この時間ではまだ人通りも少ない。吹いてくる風も涼しく、心地よい。
 まずは山手通り(都道317号線)をひたすら南下する。よく走っている道なので、特に珍しいこともない。まだ交通量の少ない道を、快調に飛ばす。


中井駅付近の跨線橋から

続きを読む »