【秩父自転車旅行】目次+概要【200km走破】



【目次】
その1:池袋⇒飯能⇒秩父
その2:秩父⇒寄居⇒池袋

【概要】
旅行日:2013年5月13日(月)日帰り
走行距離:約200km
訪問した郵便局:原市場 名栗 芦ヶ久保 横瀬 秩父野坂 秩父宮ノ側 秩父中宮地
 秩父大野原 長瀞駅前 長瀞 (計10局)
使用自転車:ママチャリ

           ◆

 お久しぶりです。前回の更新から半年以上間が空いてしまいましたが、先日日帰りで秩父まで行ってきましたので、その旅行記をアップします。

 今年は諸事情により長旅ができそうにないので、その代わり関東近郊を日帰りで旅してみたいと思っていました。そして5月上旬、唐突にどこかに行きたいと思い立ったとき、最初に候補として思いついたのは、木更津から大原まで房総半島を横断する(国鉄「木原線」として計画された区間を自転車で走る)というものでした。しかし、これだとどうしても途中で1泊せざるを得ないので、やむなく断念。頑張れば日帰りでも大丈夫そうな所ということで、秩父に行くことに決めました。
 走行距離は約200km、走行時間にして15時間半という、ママチャリの限界に挑む過酷な旅となりましたが・・・・・・。ママチャリでは輪行するわけにもいかないので、執念で走り抜きました。

 とはいえ、輪行できたら自転車旅行の選択肢も広がるのに・・・・・・と思ったのも事実。正直、折りたたみ自転車でも買おうかと思っています。


------------------------------

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
スポンサーサイト



【秩父自転車旅行】 その2 秩父⇒寄居⇒池袋

西武秩父駅にて

 今日は、1日で200kmを走らなければならない。あまりのんびりしているゆとりはない。
 とはいえ、さすがに疲れていたので、ここでしばらく休憩を取ることにする。空腹に悩まされた前回の奥多摩自転車旅行の教訓を踏まえ、今回は自宅から、○ロリー○イトを3箱(12本!)持ってきていた。駅構内のベンチに腰掛け、それを頬張る。結局12本全部食べてしまった。食べたいものを食べたいだけ食べても太らない(多分・・・)のも、自転車趣味の特典だろう。ちなみに私の体型は、身長159cm体重48kg、ウエストサイズは66cmです。



 秩父は、2011年に放映されたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」(通称「あの花」)の舞台だとのこと。ここも他聞に漏れず、いわゆる「聖地巡礼」に訪れる人が多いようだ。そうした人たちの需要を当て込んだ商売は、この地でも展開されていた。
 写真は「秩父限定プレミアム振興券」の立て看板。

 結局、30分あまり休憩を取り、14時頃に西武秩父駅を出発。今度は国道140号線を走り、長瀞を経由して寄居方面に向かう。
 

続きを読む »

【秩父自転車旅行】 その1 池袋⇒飯能⇒秩父

06:30 出発
 奥多摩自転車旅行の時と同じく、この日も4時半に起床。朝食をしっかり摂って、6時半ごろに椎名町の自宅を出発する。
 ところが、いきなり予想外の事態に出くわした。雨が降っているのだ。
 雨といっても大した雨ではなく、普通に歩いている分には傘をさす必要もない程度の雨だ。しかし、自転車で加速すると、雨粒は眼鏡に容赦なく眼鏡に付着してくる。しかも、なかなか止む気配がない。確か昨日の天気予報では、今日の天気は「曇り時々晴れ」だったはず。
 一瞬、今日は中止にしてしまおうかと悩む・・・・・・が、結局、天気予報を信じて旅を続けることにした。自転車で旅をするならば、快晴よりはむしろ、少し曇っているくらいのほうが都合がよい。幸い、東京都を抜けて埼玉県に入った頃には、雨は上がってくれた。

 池袋から飯能までは、概ね、国道254号線(川越街道)⇒国道463号線(旧道含む)⇒国道299号線、というルートを走った。どこまでも郊外の住宅地の風景が続くだけだから、はっきり言って、あまり面白くはない。飯能に着くまでは、ただ無心に自転車を走らせ続ける。

09:17 飯能市に入る


09:31 飯能駅(池袋から約45㎞地点)


 自宅を出発してから3時間、ようやく今回の旅の実質的な起点である飯能駅前に着く。相変わらず、空はどんよりと曇り空。でも、紫外線をモロに浴びなくて済むので、日焼けと老化の対策にはなる。

続きを読む »