【江ノ島自転車旅行】その3 復路編(江ノ島⇒池袋)

その3 復路編(江ノ島⇒池袋)

 スタンプラリーを終えてしまえば、後はもう帰るだけである。しかし、来た道をただ引き返すだけというのも面白くない。そこで復路は、国道467号線で大和市まで北上して国道246号線(大山街道)に合流し、246号線で渋谷に向かうルートをとることにした。小田急江ノ島線~東急田園都市線とほぼ並行するルートである。

         ◆

14:14 江ノ島駅前


14:16 国道467号線に入る


 江ノ島駅から先は、国道467号線をひたすら北上する。住宅地の中を走るごく普通の幹線道路で、情緒には乏しい。おまけに車で渋滞している。

14:21 片瀬郵便局
 疲れてはいるが、飽きもせずに旅行貯金を続ける。

14:42 藤沢本町郵便局
 国道467号線を北上して東海道本線のガード下をくぐり、藤沢市の中心街の外縁を進んでいくと、藤沢本町郵便局があった。

14:44 白旗交差点


 国道467号線を行くには、ここで右折する必要がある。

 右折すると程なくして、今度は国道1号線のガード下をくぐる。そして国道1号線の北側に出ると、上り坂となる。この上り坂、勾配がけっこうきつい上に距離もあり、ただでさえ疲れている身体には堪える。
 上り坂を上りきってしまえば、以後は時折緩やかなアップダウンが時折現れる、都市郊外型の道路である。車道もそれなりに広く走りやすい。思ったほど単調な道ではなかった。

15:13 大和市に入る


 かわりばえのない沿道風景が続く。

15:28 大和桜ヶ丘郵便局


 藤沢本町郵便局以北の郵便局については特に事前調査はしていなかったが、たまたま国道沿いに郵便局があったので訪問する。
 郵便局近くには「国道246号 4km 渋谷36km」と記された案内表示が立っていた。池袋までなら、あと3時間程度といったところか。

15:47 国道246号線に合流


 「長津田5km 渋谷30km」
 国道246号線に入ると、車道は片側2車線になり、同時に交通量も激増する。
 大型トラックも頻繁に走る道なので、ここからは基本的に歩道を走ることにする。

15:48 横浜市瀬谷区


 国道246号線に入って少し走ると、程なくして境川を渡り、横浜市に入る。
 太陽が強く照りつけ、手の甲がじりじりと焼かれていくのを感じる。流れる汗はとどまることを知らず、ペットボトルの水があっという間に消えていってしまう。

 横浜市に入ってしばらく走ると、次第にアップダウンの連続するきつい道になってくる。丘陵地を切り開いて道路を通し、住宅を建設していったのだろう。
 しかも、途中でしばしば、いきなり歩道が途切れたりする。車道の路肩も決して広いとはいえず、自転車で走るには神経を使う区間だ。

16:35 あざみ野付近


 「溝口8km 渋谷18km 東京23km」
 アップダウンの連続する、単調で交通量の多い道をひた走る。

16:41 川崎市宮前区


 ようやく横浜市を抜け、川崎市に入る。
 自治体名が変わっただけで、それ以外に特に何か変わるわけでもない。連続するアップダウン、郊外の住宅地の風景、大型車がひっきりなしに走る車道。全て相変わらずである。
 溝口付近では国道246号線を離れ、交通量の比較的少ない道を走った。

17:17 多摩川(新二子橋)
※橋の手前に、自転車は下り車線側の歩道を走るよう促す案内表示がある



 多摩川を渡ると川崎市を抜け、東京都世田谷区に入る。
 川の向こうに、東急田園都市線の二子玉川駅が見える。こうしてみると、二子玉川駅は半分川に突き出したような立地なのだなと思う。


二子玉川駅が見える

 二子玉川以降は、用賀、桜新町、三軒茶屋・・・・・・と、東急田園都市線のルートに沿って進んでいく。都内に入ると、歩道よりは車道の方が走りやすい。ちょうど帰宅ラッシュの時間に差し掛かり始めたのか、歩道は人でごった返し、車道も交通量が多い。3本のペットボトルの水も完全に飲み干してしまったが、ゴールまであと一息なので我慢する。

 池尻大橋の先で国道246号線を離れ、山手通りに入る。ようやく走り慣れた道に戻り、ほっと一息つく。山手通りも改良が進められ、いつの間にか、随分と走りやすい道に生まれ変わった。自転車と歩行者を分離しない、いわゆる「自歩道」となっているのが残念だが。

18:35 椎名町(到着)
 片瀬江ノ島から約4時間半。日没前に椎名町に帰ってくることができた。復路はただ疲れただけの江ノ島行きだったが、疲労に見合う、否、それ以上のモノを得ることができた。
 たまには、こんなイベントに参加するのもいい。


--------------------

江ノ島自転車旅行 目次へ戻る

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)