【江ノ島自転車旅行】目次+プロローグ



【目次】
その1(往路編 池袋⇒江ノ島)
その2(TARI TARI スタンプラリー編)
その3(復路編 江ノ島⇒池袋)


【概要】
実施日:2012年8月16日(木)
走行距離:約127.9km
 往路は国道1号線・鎌倉街道(神奈川県道21号線)経由
 復路は467号線・国道246号線経由
訪問した郵便局:横浜桂 横浜桂町南 鎌倉小坂 鎌倉雪ノ下 鎌倉由比ヶ浜 鎌倉長谷
 鎌倉稲村ガ崎 腰越 江ノ島 片瀬 藤沢本町 大和桜ヶ丘 (計12局)
 
          ◆

「そうだ、江ノ島行こう。」

 夏に旅行をする気はなかった。
 もともと人ごみは苦手だし、何よりこのクソ暑い中、わざわざ混雑した場所に出かける気にはなれない。だから自転車旅行に出かけるにしても、もう少し過ごしやすい季節になってから、三浦半島一周ないしは伊豆半島一周にでも挑戦しようかと思っていたところだった。
 だがある日、この夏放映のアニメ「TARI TARI」の公式サイトを何となしに見ていたところ、ある文字のところで目が止まった。止まってしまったのだった。

 「江ノ島」×「TARI TARI」スタンプラリー開催!!

 「TARI TARI」とは、ある高校の合唱部に関係する三人の少女の活動を軸として展開される青春物語で、舞台は江ノ島とされている。制作はP.A.WORKS(ピーエーワークス)で、かつて「true tears」の制作も手がけた富山県南砺市城端の会社である。
 正直に白状すれば、私はこのアニメを視聴していたわけではなかった。が、某サイトで「姉アニメ」として紹介されていたので名前は知っていたし、絵柄も好みだった。それに加え、YouTubeで耳にした主題歌や挿入歌も気に入ってしまっていたところだった。
 そこに来て、「スタンプラリー開催中」の告知。
 公式サイトによると、スタンプラリーの開催は8月3日(金)から。終了時期は明記されていなかったが、常識的に考えれば、この夏限定のイベントだろう(注―その後、公式サイトにて8月17日付で、スタンプラリーの開催は8月31日までである旨の告知がなされた)。そしてスタンプラリーの景品として、江ノ島島内に設置された7つのスタンプ全てを集めるとオリジナルクリアファイルが貰えるとのこと。

 気が付いたときには、私は完全に行く気になっていた。

 池袋から江ノ島までは、片道約65km。往復すれば130kmにもなる。炎天下、そんな長距離を自転車で走ることに対して不安がないわけではなかったが、それよりもスタンプラリーに参加したい、クリアファイルが欲しいという気持ちの方が勝ってしまっていた。

 きっかけは、思いがけないことだったけれど。
 今年の夏は、江ノ島に行こう。

--------------------

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)