【奥多摩・檜原自転車旅行】 目次+概要



【目次】
その1:青梅駅⇒奥多摩湖
その2:奥多摩湖⇒武蔵五日市駅

【概要】
旅行日:2012年10月15日(月)
走行距離:約79.5km
 ※青梅~奥多摩湖~武蔵五日市の走行距離。
  池袋から現地までの往復を含めた総走行距離は、約165km
訪問した郵便局:青梅若草 青梅霞台 青梅勝沼 青梅住江町 青梅上町 吉野
 沢井駅前 御岳 古里 奥多摩 小河内 (計11局)

           ◆

 ママチャリで奥多摩周遊道路を走破してみた


 日帰りでいいからどこかに行きたい――不意にそう思い立った時、行き先として思いついたのが、奥多摩だった。
 西多摩地区へは、2本の鉄道が通じている。立川から奥多摩へ至る青梅線と、拝島でその青梅線から分岐して武蔵五日市に至る五日市線である。そして、奥多摩駅や武蔵五日市駅からは、さらに奥地へと向かい、路線バスが出ている。
 けれど、路線バスを介して奥多摩から武蔵五日市へ抜けることはできない。奥多摩発の路線バスは奥多摩湖を経て山梨県の丹波山(たばやま)村や小菅村まで、武蔵五日市駅発の路線バスは檜原村の数馬まで、それぞれ延びている。しかし、奥多摩湖から数馬までを結ぶ公共交通機関はない。

 でも、地図を開けば、奥多摩湖と数馬とを結ぶ道路は確かに存在している。
 「奥多摩周遊道路」。その道路には、そんな名が付けられていた。

 この奥多摩周遊道路を介して、奥多摩から武蔵五日市まで抜けてみようと思った。
 公共交通機関がなくても、そこに道が通じていれば。自転車ならば、走り抜けることができる。まさに、自転車だからこそできる旅。そんな旅がしてみたいと思った。

 すっかりおなじみなった「ルートラボ」を使い、距離や勾配を計測してみる。やはりと言うべきか、奥多摩周遊道路は非常に急な上り坂のようであった。でもこの時、私は不思議と、「だからどうした」という気分になっていた。
 今までの自転車旅行で、各地の上り坂を走ってきた。ママチャリで上越国境の三国峠も制覇したし、三陸海岸の縦断も成し遂げた。だから奥多摩周遊道路だって、きっと大丈夫だ。どんなに急な上り坂に行く手を阻まれようと、諦めさえしなければ、乗り越えることができる。

 かくして私は、奥多摩へ出かけることを決めた。
 日帰りながらも密度の濃い、そんな旅になりそうな気がした。


------------------------------

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)